【選び方】アパレル系の福袋を購入する時の心得【ポイント6つ】

「6万円相当が1万円」こんな見出しについ目がいってしまうのが福袋ですが、福袋ははたしてお得なのでしょうか。売れ残りを詰めているのではないか、福袋用に作られた商品は質がよいのか、要らないものが入っていたらどうしよう。
これを考え始めるときりがありません。そう思いながらも、我が家にも福袋経験があります。失敗だった例もあれば、これはお得だったという経験もあります。そこで、我が家の経験を踏まえつつ、はずれない福袋の選び方について考えてみたいと思います。

【好きなブランドを選ぼう】
福袋なら何でもよい、というわけではありません。百貨店全体として出しているもので失敗したという経験がある人は、少なくないようです。いくらよいものが入っていても、自分の好みに合わなくては意味がありませんので、それぞれのブランドが独自に出しているものの方がよいでしょう。いつも買っているお店のものや、好みのテイストのブランドを選ぶことが大事ですね。

【予約する】
予約制の福袋には、中身が公開されているものが多いように思います。中には、服の色まですべて指定できるものも。福袋の醍醐味である開けたときの感動とはちょっと違いますが、中身が分かればはずれもありませんよね。予約する前に、何が入っているのかをきちんと確認しておきましょう。また、「○○が必ず入っている」というものの場合は、○○がメインとなります。このメイン商品がほしいかどうかが、買うか買わないかの重要なポイントとなりそうですね。

【チラシをチェック】
新年のチラシに、福袋の中身が分かるように記載されているものも多くあるようです。チラシをよく見て、どのブランドのどのサイズを買うかを予め決定しておきます。あとは、お店で目当ての袋を探しましょう。

【数人で買う】
初売りで買う福袋には、中身が分からないものがたくさんあります。そんなときは、数人で買うのがおすすめです。例えば、母と姉と一つの福袋を分け合う。気の合う友人たちと買いに行くなどしてみましょう。そうすれば、自分は要らないと思っても、ほかの人の好みに合うことがあります。好みでないものをだれかと交換すればよいので、無駄なく楽しむことができますよ。

【未知のブランド開拓】
まだ買ったことはないけれど、気になっているブランドを買ってみよう。普段とは違うファッションに挑戦してみたいから。そんなふうに、福袋で冒険してみてもいいですよね。これなら、開けてみる楽しみは万点です。似合わなそうだと思ったものが、意外と気に入ってしまうかも。でも、もし要らないものが入っていたら、だれかに差し上げたりして無駄にしないようにしたいですね。

【心構えも大切】
無駄なくお得に買いたいのが福袋ですが、はずれてしまってもそれが福袋なのだと割り切れる心を持っておくことも大切ですよ。

40代女性

→ 高麗美人の効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です